インナードライに気をつけて!

30代に突入すると、何かとお肌に変化を感じるようになりますね。
たるみや細かいシワが気になってくる年頃でもあります。

しっかーし!
重力に逆らいたい私達は、必死に毎日スキンケアを行っております。
そしていつの日か美魔女と呼ばれる日まで美しい肌をキープしたいものですね!
(え?イヤって?笑)

さて、今回は肌質のお話です。
肌には乾燥肌や混合肌、インナードライや脂症肌の人がいますね。
もちろん普通の肌質の人もいますから、そのような方はどんなスキンケアコスメを使っても大丈夫ってことです。

しかしこの年代、30代後半になってくると、表面は乾燥しているのにニキビや吹き出物が出来るといった、インナードライや混合肌の人が増えてきます。
年齢を重ねるにつれ、女性ホルモンのバランスが崩れてくるからなんですね。
また若い頃より肌のターンオーバーのサイクルが整いづらく、肌再生がしっかりサポートされないんですよ。

そういう女子の皆さんには化粧水や乳液を変えてみることをオススメします。
ま さ か 20代と同じスキンケアコスメを使っている、なんて人はいませんよね?
20代と30代では肌質が異なります。ですから、年齢にあったスキンケアコスメを選ぶことが必須なんですよ!

私のイチオシはこちら
KIMG0461
使い続けるとお肌も白くなってくれる嬉しいコスメです。
乳液もライン使いしています。
KIMG0462

誰でも?知っているコスメですが、薬用ですからニキビ肌にも対応出来ます。
私も実際、この化粧水をラインで使ってから吹き出物が減りました。

混合肌や30代の表面は乾燥しているのに内側は脂症なんて人は、化粧水は軽い使い心地のものが良いのです。
ばしゃばしゃ、とつけられるタイプの化粧水です。
とろみのある化粧水は乾燥肌タイプの人にオススメです。

インナードライの方は水のようにさらっとした化粧水のほうが、後々ハンドプレスでぎゅっと肌に化粧水を入れ込む際に入り込みやすいんですよ。
とろ~りしたテスクチャの化粧水は浸透しにくい場合もあります。
乾燥肌の人にはマストでも、年齢と肌質を考えるとNGの場合もあります。

私はインナードライ、ちょっと脂症よりなので、今のスキンケアでぴったり。
後は美容液がありますが、そのお話はまた今度ということで。

スキンケアタイムを充実させてすっぴん美人を目指しましょう!